就労許可証 と ビザ

外国人がイスラエルに住み、仕事をするためには適切な就労許可証と滞在ビザを持ち合わせていることが必要です。
これらの許可証はイスラエル内務省の移民局によって最長5年と3ヶ月(63ヶ月)まで発給されます。法によって就労を認める条件やどの分野において許可を付与するか定義されており、正当なビジネス理由が必要とされます。
雇用者は外国企業でもローカル(現地)企業でも問題ありません。

必要な許可を得るためのプロセスは構造化されており、不必要な遅れを避けるためにはそのプロセスを正しく行う必要があります。
まず、最初のプロセスはイスラエルで開始されます。
企業はイスラエルにおいて特定の個人を特定の役職や特定の職種で雇用するための就労許可申請書を提出しなければなりません。
承認後はその個人に適切な地位が与えられ、その個人の居住する国において、関連するイスラエル大使館での手続きが可能となります。
最終手続きは再びイスラエルで行われます。
通常、就労許可は1〜2年間付与され、その都度、更新が必要となり最長63ヶ月まで付与されます。

  • 当社のサービスはビザの更新や必要なすべての外回り業務、並びに事務作業の全プロセスを含みます。
  • 当社の仕事は駐在員本人がイスラエルの滞在許可と就労のための適切なビザが付与されたパスポートを受け取った時点で完了となります。
  • 当社は駐在員家族のビザもすべて手配します。
  • 当社は全プロセスにおいて必要なすべての書類を手配し、クライアント企業とその従業員の業務が完了するまでそれぞれのステップにおいて親身になってご案内します 。
  • 当社はすべての更新手続きを法で認められた最長の期間まで手配します。

その他のサービス:

No results found

メニュー